TENNOZ CANAL FES 2023 -SUMMER- 産学連携・観光DXへのチャレンジ企画

EVENT

大学生のアイデアとパナソニックの先進技術が融合

跡見学園女子大学×パナソニックグループ×天王洲・キャナルサイド活性化協会

(産学連携ブース)

一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会(東京都品川区/代表理事 三宅康之)は、跡見学園女子大学と協会会員であるパナソニックグループとの産学連携で、「文化観光の体験都市」として地域観光づくりを目指した取り組みを、「TENNOZ CANAL FES 2023 -SUMMER-」(天王洲キャナルフェス2023夏)にて実施いたします。

2023年7月28日(金)、29日(土)、30日(日)の3日間、アイルしながわ(旧東品川清掃作業所)、天王洲オーシャンスクエア、天王洲キャナルイーストを会場に、「TENNOZ CANAL FES 2023 -SUMMER-」(天王洲キャナルフェス2023夏)を開催いたします。その中で、今回4回目となる跡見学園女子大学、協会会員であるパナソニックグループとの産学連携企画として、「令和の日本の夏まつり」をテーマに学生のアイデアとパナソニックの先進技術が融合した体験型コンテンツを出展します。さらに、昨年秋より実証実験を重ねているクラウド型街巡りガイドサービス「Smart Town Walker® ※」や遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation®※」をバージョンアップして、観光DX商品開発に向けたサービスを提供いたします。

産学連携(跡見学園女子大学出展ブース) 産学連携(跡見学園女子大学×パナソニックグループ)

〈産学連携の経緯〉

天王洲・キャナルサイド活性化協会は、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部篠原ゼミ、パナソニックグループと連携し、品川・天王洲地区で、さまざまな地域からの来街者や、増加が見込まれるインバウンドに向け、観光DXや空間価値向上技術を活用し、地域消費拡大に向けた観光まちづくりに挑戦しております。水辺とアートの観光まちづくりを進める品川天王洲地区は、2016年より観光庁はじめ各機関の助成を受けながら実証実験を重ね、その成果として持続可能な地域の未来をつくるために回遊型をベースにした観光ツアーの開発に取り組んでいます。

跡見学園女子大学 × パナソニックグループ × 天王洲・キャナルサイド活性化協会

〈三宅康之(代表理事)コメント〉

当協会は設立以来、官民学で力を合わせて、天王洲の街の活性化に取り組んでいます。今回は、パナソニックの先進技術と跡見学園女子大学観光コミュニティ学部篠原ゼミの学生とのコラボレーションにより、次世代のおもてなしや感性を織り込む観光DX商品の開発にチャレンジいたします。この産学連携による実証実験を重ねることで、天王洲が「文化観光の体験都市」として街のコンバージョンを目指します。

〈産学連携・観光DXへのチャレンジ企画概要〉

①体験観光型・令和のヨーヨー釣り

跡見学園女子大学観光コミュニティ学部の縁日コンテンツに、パナソニックの先進技術を組み合わせた新感覚ヨーヨー釣りを実施します。日本の夏祭りを代表する縁日コンテンツであるヨーヨー釣りを映像プロジェクションと極微細ミストのテクノロジーで演出を行い、令和版のヨーヨー釣りに進化させました。未知なる体験「ビックリ・ドッキリ」を演出し、味わったことのない感覚と感動を体感することができます。

     体験観光型・令和のヨーヨー釣り(イメージ)

②TENNOZナゾトキさんぽ

パナソニックの先進技術で開発したクラウド型街巡りガイドサービス「Smart Town Walker®※ 」は、昨年より実証実験を重ねています。今回は、アートのまち、天王洲の魅力を「Smart Town Walker®※」と楽しむナゾトキを企画しました。ナゾトキの問題は、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部の学生が担当し、天王洲の魅力を若い世代の視点から深掘りしました。観光DX技術とナゾトキの融合により、来場者に手軽に楽しく親子で新たなまちの魅力の発掘を目指します。参加者には、達成報酬でクーポンがプレゼントされ、会場内の回遊性向上と消費促進にも寄与します。

                TENNOZナゾトキさんぽ(イメージ)

③遠隔操作案内所「AttendStation®※」

パナソニックの先進技術で開発した遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation®※」を活用して、会場内の2箇所に無人案内所を設置します。ディスプレイ上のアバターを介した双方向コミュニケーションにより、会場案内や来場者の問い合わせに加え、今回は、アートツアーの申込みや発券機能を搭載してバージョンアップを行っています。遠隔操作による案内は、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部の学生が担当し、次世代の観光案内所として活用できる魅力あるツールであり、かつ商品化に向けて実証実験で知見を重ねることで将来的にはAIによる無人化を目指します。本イベントでは2拠点に設置することにより、効率的に会場案内を行い、店舗やイベントブースへの送客による盛り上げと消費促進を図ります。

             遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation®※」

④近距離モビリティで巡る体験型アートツアー

 天王洲地区に点在するアートを近距離モビリティ(電動車椅子・電動キックボード)に乗り、自ら操縦して巡る体験型ツアーを実施します。こちらもパナソニックの「Smart Town Walker®※」のイベントアバターによる音声・映像付きガイダンスでアートを紹介して巡るツアーです。楽しむ・学ぶ・感動を体験するツアーとして、稼ぐ観光商品として実証実験を重ねています。

近距離モビリティで巡る体験型アートツアー①        近距離モビリティで巡る体験型アートツアー②

体験型eスポーツ「スケッチレーシング」

新しい観光コンテンツとして、子どもたちが描いた絵をスキャンして画面の中でレースをする体験型eスポーツ「スケッチレーシング」を開催します。レース会場を盛り上げる運営メンバーとして跡見学園女子大学の学生も加わり、体験型eスポーツを観光に組み込むシナジーへの開拓にもチャレンジします。

体験型eスポーツ「スケッチレーシング」お絵かき      体験型eスポーツ「スケッチレーシング」走行シーン

水辺の色占いの館

パナソニック先進技術を用いて占いコンテンツを実施します。極微細ミストとプロジェクションマッピングで臨場感のある魅力的な占い小屋を演出します。占いとテクノロジーを融合させ観光コンテンツにコンバージョンさせる取組みは、天王洲キャナルフェスの集客に貢献します。

     水辺の色占いの館(イメージ)

※「Smart Town Walker® 」と「AttendStation®」はパナソニック システムデザイン株式会社の商品です

<TENNOZ CANAL FES 2023 -SUMMER- イベント概要>

会場 : アイルしながわ / 天王洲オーシャンスクエア / 天王洲キャナルイーストなど

日程: 7月28日(金) 17:00~21:00 / 7月29日(土) 11:00~21:00 / 7月30日(日) 11:00~19:00

主催 : 一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会

 天王洲キャナルフェス アイルしながわ会場      天王洲キャナルフェス キャナルイースト会場

<TENNOZ CANAL FES 公式サイト>

WEB  :https://tennozcanalfes.com/ *共通ハッシュタグ:#tennozcanalfes

<一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会> 

WEB  :https://canalside.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/tennozucanal/ 

LINE公式アカウント:https://lin.ee/EH5OlZm

Instagram:https://www.instagram.com/tennoz_canal/

アイルしながわ会場へのアクセス

東京モノレール天王洲アイル駅南口直結

りんかい線天王洲アイル駅 B出口 徒歩1分

JR 品川駅港南口から徒歩約 20分

特集記事

TOP